本記事はキャリアクラス新卒と提携する企業のPR情報が含まれます。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。
就活コラム プロモーション

内定ゼロで卒業しそうな25卒必見!内定ゼロの末路と今から内定獲得する就活法を紹介

後輩ちゃん
後輩ちゃん
このままじゃ内定ゼロで卒業しそうです…
キャリア先輩
キャリア先輩
卒業までに内定をもらうためにやれることをやろう

就活情報解禁を迎えて1ヶ月以上が経過した現在、「内定がないまま卒業を迎えそう…」と焦っている就活生もいるのではないでしょうか。

すぐに行動しなければこのまま内定ゼロで卒業を迎えてしまい、周りの人たちとは違う道を歩むことになってしまいます。

本記事では内定ゼロで卒業した人の末路や、今から内定獲得するための方法を解説するので、内定が欲しい人は最後まで読んだらすぐ実行に移してください。

今すぐに行動すれば納得のいく内定は取れるので、まずはJobSpring(ジョブスプリング)に登録して就活のプロに内定までサポートしてもらいましょう!

内定ゼロのまま卒業しないために…


ジョブスプリング

  • 内定ゼロを避けたいならJobSpring(ジョブスプリング)へ相談!
  • 本当に合う企業だけを紹介するから、会社選びに悩む人でも安心!
  • 業界や企業に特化した選考対策で内定率90%以上を実現!

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

内定ゼロの割合は実際どのくらい?

2024年卒12月内定率

引用:就職プロセス調査(2024卒)

就職みらい研究所の調査によると、2023年12月1日時点で、24卒(大卒)の就職内定率は94.0%と、単純計算6.0%が内定ゼロでした。

ただ、今すぐに動けば内定はまだ間に合います。内定ゼロを避けたい人は、最短2週間での内定が狙えるJobSpringに登録して、就活のプロに早期内定をサポートしてもらいましょう。

内定ゼロで卒業した人の末路|内定ない25卒の選択肢とは?

内定ゼロで卒業した人の末路|内定ない24卒の選択肢とは?
内定がゼロだった場合はモチベーションが大きく落ちると思いますが、何もしないまま卒業してしまうのはNGです。

内定が取れなかった場合は、以下のように3つの選択肢があるので、メリットとデメリットも理解して冷静に自分の進路を考えましょう。

メリット デメリット
就職留年 ・新卒の肩書を保てる
・大学の恩恵を受けることができる
・学費が一定額かかる
就職浪人 ・自由に時間を使うことができる ・新卒の肩書を失う
・自分自身で律する必要がある
フリーランス ・手に職を付ける可能性がある
・就職しても即戦力採用になる可能性がある
・将来がかなり不安定なものになる
・今を生きていくことも困難になりうる

このように内定ゼロでも人生終了ではないので、落ち着いて自分に合った選択肢を取りましょう。

ここからは、それぞれの道がどのようなものか、メリットとデメリットも合わせて解説していきます。

就職留年:大学生のまま就活を続ける

1つ目のキャリアの可能性としては就職留年です。就職留年は名前の通り、就職のために留年をする、意図的に卒業しないという方法です。

就職浪人は来年も学生として過ごすことができるので、新卒として就活に再チャレンジできます。また、学生であるため学校からの就活支援のサービスも利用できるなどの恩恵を受けられます。

ただ、休学という手段を使ってもいくらか経費が掛かってしまうことがデメリットです。

国公立大学であれば休学の費用はほぼ掛かりませんが、私立大学であれば数万~数十万円程、休学していても学費がかかってしまいます。それでも通常の学費よりは大幅に安く済む点はメリットでしょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
新卒という武器を残すためにも、できるだけ学校に残るのがいいね。

>>就職留年のやり方|後悔しないために今やるべきこと

就職浪人:大学を卒業してから就活を続ける

2つ目の就職浪人は、基本的におすすめしません。就職浪人は名前からわかるように、学校を卒業しフリーターとして就職活動を続けることです。

メリットとして、学校に縛られないため自由に時間を使えます。そのため、就活の時間やお金を稼ぐ時間、遊ぶ時間など幅広く使えるのがポイントです。

一方でデメリットとしては、大きく分けて2つ挙げられます。

1つ目は既卒扱いになり、一部の企業へ応募できない場合があります。休学の理由は何とでも説明がつきますが、就職浪人の場合は就活に失敗した事実を隠せず、企業から良い印象をもらいにくくなるでしょう。

2つ目はメリットと表裏一体で、その自由さです。時間がありすぎることや、周りに左右されないため自己を律さないとダラダラと時間を過ごしてしまいます

後輩ちゃん
後輩ちゃん
就職浪人は、メリットよりもデメリットの色が濃いと言えますね。

>>新卒で就職浪人すると不利?やめとけと言われる理由や成功率を紹介

フリーランス:大学を卒業し就活もやめる

最後に紹介するのは、フリーランスの道に進むことです。就職せず、資格の勉強や自らのスキルを磨くことにより、企業に入ることもなくお金を稼ぐ、あるいは将来的な就職を目指すという方法です。

フリーランスのメリットは、将来の可能性が広がることです。稼げるようになると、スキルを認められて将来的に就職しても即戦力として扱われ、就職しない場合は自由な働き方が選べます。

一方、デメリットは安定しないことです。自力で稼げる領域にたどりつくには金銭面の問題や孤独に頑張り続ける苦悩がつきまといます。

フリーランスの職業は主に以下のようなものがありますが、これ以外にも多種多様なものが存在しています。

  • アプリケーションエンジニア
  • Webデザイナー
  • Webライター

生半可な道ではありませんが、自由さややりたいことを優先した場合には選択肢として考えてみても良いでしょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
稼ぐスキルのある人はフリーランスもありだよ

>>新卒フリーランスは甘い?就職すべきか解説

【25卒必見】内定ゼロで卒業しやすい人の特徴と対策

【24卒必見】内定ゼロで卒業しやすい人の特徴と対策

ここからは、内定ゼロで卒業しやすい人の特徴とそうならないための対策をご紹介します。

これからエントリーする人や選考を受ける人は必見の内容なので、ぜひ参考にして納得の内定を勝ち取りましょう。

>>内定ゼロでとにかくやばいなら今すぐ就活のプロに相談!

就活をすべて1人で頑張ろうとしている

就活は自分1人で進めるのは限界があります。

情報戦である以上、知り合いや先輩を通して役立つ情報は得るべきですし、助けてもらえる部分はサポートしてもらい、効率的に進めた方が選考合格率も高くなります。

より就活の知識を得たいなら、誰に頼るかも重要です。

就活に精通した信頼できるサポートを受けたいなら、多くの就活生が利用する就活エージェントに相談しましょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
就活エージェントなら常に最新情報を持っているよ

エントリー数が少なすぎる

まずは、エントリー数が少なすぎるという問題です。そもそも新卒の書類選考の通過率は50%程度と言われており、その時点で半分は落ちます。

さらにそこから複数回の面接で絞り込まれていくので、就活がどれだけうまくいっても、一定数は落ちる前提で臨みましょう。

特に、場慣れしていない最初は落ちやすいので多めにエントリーすべきです。

応募企業の選定や書類作成は大変ですが、エントリーが少なければそれだけ就活の効率も下がってしまいます。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
最初は場慣れするためにも滑り止めを受けてみるのもアリですよ!

>>就活のエントリー数は何社が適切?少ない時の対処法も

志望する企業の条件を絞り過ぎている

志望する企業の条件を絞り過ぎるのは、エントリー数が少なくなる要因になるほか、決めつけが自身の可能性を狭めるリスクもあるので避けましょう。

特に有名企業・大手企業だけを狙う、逆にベンチャー企業しか受けないなど極端な条件の絞り方は危険です。

最初は視野を幅広く持ち、興味がある企業はとことん見てみましょう。

企業を絞るのはスケジュールが詰まったり、応募する中で自分の就活の軸が定まるような状態になってからでOKです。

キャリア先輩
キャリア先輩
自分の選択肢を狭めないようにしよう

>>大手病とは?かかると何が悪いのか?

>>大企業に向いてない人の特徴は?

自己分析が不足しており言語化できていない

自己分析が不足しており言語化できなければ、書類作成や面接の際に自分をうまくアピールできません。

また、就活の軸・ガクチカ・志望動機などが定まらないのも自己分析の不足が原因です。

自己分析の1つの目標は、自身を納得感ある言葉で表現できることです。

ESに書けない、面接官に聞かれた際に言葉に詰まるなら自己分析が不十分な証拠と言えます。

自己分析をより確かなものにするには自己分析ツールを活用したり、人と話したりする中で自分を言語化できるまで理解したりすべきです。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自己分析は就活の根幹なのでより重視しましょう

>>自己分析ができないと悩む人の特徴と対処法

面接練習が不十分で大事な時にうまく話せない

就活の面接は複数回に及ぶため、面接が大部分を占めると言えます。

面接は書類選考や適性試験を超えた先にあり難易度も高いので、十分に対策できていなければ本番でうまく話せず、内定につながりません。

1人でイメージトレーニングや音読を繰り返すのではなく、就活のプロに手伝ってもらい、本番さながらの環境でFBをもらいつつ対策しましょう。

特に場慣れが面接の出来に影響するので、模擬面接や就活イベントをより多く経験することで実践を積むべきです。

キャリア先輩
キャリア先輩
面接対策をしないと内定に結びつかないよ

>>面接対策なしは絶対NG!ぶっつけ本番でも合格する方法を紹介

内定ゼロで卒業したくない25卒が今すぐやるべきこと

内定ゼロで卒業したくない24卒が今すぐやるべきこと

内定ゼロのまま大学4年を終えても選択肢はありますが、問題なく新卒という強力なカードを使って就職できるのは今だけなので、まだ諦めるべきではありません。

ここからは内定ゼロで卒業したくない25卒の人が今すぐやるべきことをご紹介するので、すぐ行動して後悔のないようにしましょう!

就活のプロに相談してスピード内定を狙う

まず1番にやってみてほしいことは、就活エージェントに相談することです。

就活エージェントなら自己分析や面接対策を無料でおこなってくれ、あなたに合った企業を紹介してくれます。

この時期からでもまだ間に合う求人も保有しているので、すぐに相談しましょう。

今回は、真に就活生を思いやってくれたという口コミが多いエージェントを紹介します。

  • JobSpring(ジョブスプリング)
  • キャリアパーク就職エージェント
キャリア先輩
キャリア先輩
今すぐ相談すれば内定のチャンスは十分にあるよ

JobSpring(ジョブスプリング)


ジョブスプリング【公式HP】https://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング)は最短2週間での内定が目指せるおすすめの就活エージェントです。

専任のアドバイザーが自己分析から内定後まで就活のすべてを丁寧にサポートしてくれるので、就活の心強い味方が欲しい人はぜひ相談してみましょう。

JobSpringは志望企業に向けて徹底的な対策をおこなうので、内定率は90%以上と高水準です。

マッチング率も高いので早期離職率は脅威の0.1%と、ほとんどの就活生が納得の内定を獲得できています。

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

>>JobSpring(ジョブスプリング)の口コミ評判を見る

キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント【公式HP】https://careerpark-agent.jp/employ

25卒ですぐに内定を取って安心したい人は、最短1週間での内定獲得が可能なキャリアパーク就職エージェントがおすすめです。

キャリアパーク就職エージェントはESや選考をスキップできる特別フローも用意されていて、効率よく内定が目指せます。

また、紹介してくれる企業は独自に優良企業を厳選しており、ブラック企業に当たる心配がありません。

すぐに登録して、年間1,000人以上の就活生をサポートする就活のプロに相談しましょう。

\ 最短1週間のスピード内定! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

>>キャリアパーク就職エージェントの口コミ評判を見る

逆求人サイトでスカウトをもらい持ち駒を増やす

就活サイト OfferBox【公式サイト】https://offerbox.jp/

内定ゼロでこれから新しく企業を探す人は、逆求人サイトのOfferBox(オファーボックス)に登録してみてください。

逆求人サイトは、プロフィールを登録すると自分に興味を持ってくれた企業からスカウトが届くものです。

卒業が近づくとエントリーできる企業は限られてしまいますが、企業が一切採用活動をしていないかというと、そういうわけでもありません。

一般にエントリーを募る採用活動は終了しているものの、内定辞退者が出て空き枠がある場合は、裏でエージェントや逆求人サイトを利用して就活生を探す場合があるのです。

OfferBoxは規模も大きく登録企業も多いので、登録すればあなたを必要としている企業に会えるかもしれません。

後輩ちゃん
後輩ちゃん
自分で企業を探す負担も減らせます!

\ 学生利用率No.1 /
OfferBox
無料登録する

※93%の学生がオファーを獲得

>>OfferBox(オファーボックス)の口コミ評判を見る

内定直結イベントに参加して特別選考ルートを狙う

MeetsCompany ミーツカンパニー【公式HP】https://www.meetscompany.jp/

ミーツカンパニーで内定直結があるイベントに参加すれば、多くの企業と出会えて選考が有利になる可能性もあるので一石二鳥です。

ミーツカンパニーでは一度のイベントで2~8社と出会えて、企業の人事・採用担当者と直接話せるのでぜひ登録して積極的にアピールしましょう。

イベントに参加する際は履歴書が1枚で済むので、時間がない中で何枚も書類作成に時間を割かなくても大丈夫なのは嬉しいポイントです。

過去には即日内定が出た例もあるので、一気にチャンスをつかんで就活を終わらせましょう。

キャリア先輩
キャリア先輩
即日内定をもらった例もあるから、積極的にアピールしよう

\ライバルはみんな使っている!/
ミーツカンパニー
公式HPをみる

※60秒で登録完了

>>ミーツカンパニーの口コミ評判を見る

【大丈夫】卒業前まで内定ゼロな25卒でもクズではない!

【大丈夫】卒業前まで内定ゼロな24卒でもクズではない!
卒業前でも内定を持っていないと、周りと比べて「自分はダメなんだ」と悲観してしまうかもしれませんが、内定が取れていなくてもあなたが劣っているわけではありません。

主勝は実力も大事ですが、企業との相性やタイミングによっては優秀な学生も内定を取れないことがあります。

大学4年の今からでも逆転内定した例はあるので、あきらめずにキャリアパーク就職エージェントなどのエージェントも利用して、最後までやり切れば内定も十分狙えます。

\ 最短1週間のスピード内定! /
キャリアパーク
就職エージェント

公式HPを見る

※30秒で登録完了

>>内定ないまま卒業したくないならやるべきこと

【補足】内定ゼロの割合は?

引用:文部科学省報道発表

23卒の内定率は4月1日時点では97.3%で、内定ゼロの人は5%にも満たない結果でした。

卒業時点で内定ゼロの人はかなり少数派だと言えます。

周りの進路が決まっている中、自分だけ内定ゼロで卒業するのはつらいはずです。卒業になって後悔しないように早めの行動を心がけましょう!

内定ゼロの25卒によくある質問

内定ゼロの就活生によくある質問
ここからは、内定ゼロの25卒によくある質問についてお答えします。不安なままで就活を進めても、疑問ばかり気になってしまって効率は上がりません。

最後まで読んで、まずは不安を解消しておきましょう。

何月までに内定ないとやばい?

大学4年9月までには内定がないとやばいです。10月には内定式がある企業が多く、そこまでにないと秋採用・冬採用の枠しかなくなってしまいます。

それ以降は一気に枠が絞られるため、卒業までに内定がきつくなるので9月をリミットに設定して、それまでに内定を取る計画を立てましょう。

>>いつまでに内定決まらないときついか目安を紹介!

就活を相談するなら親や友達でもいい?

親や友達に就活相談をするのもいいですが、相談するなら、より就活に精通した人がおすすめです。

相談する人の持っている情報が古かったり、誤っていたりすると、変な思い込みが入った状態で臨むので非効率になりかねません。

実際に現在は以前よりも就活が早期化しているので、最新情報を取るようにしましょう。

>>就活相談する目的とおすすめの相談先を見る

一生内定もらえないなんて実際ある?

「選ばなければ内定くらいもらえるでしょ」と甘く見ているかもしれませんが、企業も就活生を選んでいます。対策やアピールがしっかりできていない就活生は選んでもらえません。

実際に23卒でも卒業までの内定率は100%ではないので、ずっと内定がもらえない人も一定数いると考えられます。ただ、今から本腰を入れれば十分間に合います。

>>内定もらえない人の特徴を詳しく見る

まとめ:内定ゼロで卒業を避けるには最後まで諦めないことが大切!

内定ゼロのまま卒業が近づくと、焦りが大きくなると思います。

しかし、まだ今からでも内定をもらえる可能性はあるので最後まで諦めずに活動しましょう。

より確実に内定を勝ち取りたいなら就活のプロに相談すべきです。できるだけ早く相談すれば企業の選択肢も広がり、選考の合格率ももっと上げられます。

早く内定が欲しい人、ブラック企業を避けたい人はJobSpring(ジョブスプリング)に今すぐ登録して相談しましょう。

\ 最短2週間のスピード内定! /
JobSpring
公式HPを見る

※30秒で登録完了

25卒向け就活サイトランキング!
名称 1位:
Jobspring
2位:
キャリアパーク
就職エージェント
3位:
シュトキャリ
イメージ 就活エージェント JobSpring キャリアパーク就職エージェント シュトキャリ 就職エージェント
ターゲット 25卒 25卒 25卒
特徴 自己分析が大好評
3年以内退職率0.1%
最短1週間で内定
23卒8,000名が利用
累計支援実績10万人
人気業界の求人多数
内定までの
期間
2週間 1週間 2週間
オンライン
対応
登録方法 Web・LINE Web Web
詳細 もっと見る! もっと見る! もっと見る!

▼当サイトおすすめ就活エージェント▼

【1位】JobSpring(ジョブスプリング)
⇒あなたに最適な企業だけを厳選して紹介!3年以内退職率0.1%!

【2位】キャリアパーク就職エージェント
⇒最短1週間のスピード内定可能!23卒8,000名以上が利用!

【3位】シュトキャリ(旧:ヒトツメ)
⇒新卒支援実績15年!IT/人材/広告/コンサル/不動産など人気業界多数!

キャリアクラス新卒就活おすすめの就活サービス
ABOUT ME
キャリア先輩
進撃の就活無双-キャリアクラス新卒就活編集部
キャリアクラス新卒就活編集部です。難関外資系企業や大手企業、ベンチャー企業から内定をもらった多くの就活生が中心となり運営しています。就活生が抱える、等身大の不安や悩みを解決できる情報発信に努めています。

編集者情報

この記事の編集者

久保真樹

久保 真樹

熊本県天草市生まれ。九州大学農学部を卒業。大学3年4月で就活を始め、日系・外資系、大手・ベンチャー等幅広く就活を進める。部活動を続けながらもIT・人材・教育業界など7社から内定を獲得。内定者期間の長期インターンを経てウェブココル株式会社に新卒入社し、今に至る。

HPTwitterFacebookInstagramWantedlyLinkedinYOUTRUST

キャリアクラスが信頼できる理由


キャリアクラスでは、編集ポリシーに従ってコンテンツを作成しております。この投稿には、パートナーの製品へのPR情報が含まれている場合があります。詳細は広告掲載ポリシーをご覧ください。