おすすめ転職エージェントはこちら

未経験転職(キャリアチェンジ)は何歳まで可能?メリット・デメリットや転職成功のポイントもご紹介

本記事からわかること
  • 年代別未経験転職で求められること
  • 未経験で転職を成功させるポイント
  • 未経験転職者におすすめの転職エージェント

未経験で転職を検討している場合には、年齢を気にして、未経験での転職に抵抗や不安を感じている方もいるでしょう。

確かに、年齢が上がるとともに、未経験での転職のハードルは上がっていきます。

とはいえ、今は転職が当たり前の時代であるため、転職に関する正しい方法や知識が得られれば、未経験での転職もそう難しいことではありません。

本記事では、未経験転職者に求められていることやメリット・デメリット、さらにはおすすめの転職エージェントなどについても詳しく解説します。

未経験転職者の情報について知る機会がないという方でも、本記事を最後まで読むと、未経験での転職に思い切って踏み切れるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。

未経験転職におすすめの転職エージェント

【第二新卒や20代の未経験転職におすすめ】

→第二新卒で未経験転職を希望している人には、若手の転職事情について熟知しているサービスが安心です。

>>『マイナビジョブ20’s』に登録する

【社会人経験はあるが未経験転職が不安な方におすすめ】

→未経験での転職で、「本当に採用してくれる会社があるか」「未経験での転職は難しいのでは….」などと不安に感じている方には、業界最大級求方数を誇り、質の高いマッチングが魅力のサービスが最適です。

>>『doda』に登録する

執筆者情報

福岡県在住、フリーランスのwebライターです。
大学卒業後、生命保険会社にて営業職を経験。
その後、ブライダル業界、IT業界とさまざまな業界へ転職。自身の複数回の転職経験を通して、異業種への転職方法や難易度についても実体験ベースでわかりやすくお伝えしていきます。プライベートでは、現在一児のママ業に奮闘中。


キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください

気になる見出しをタップ

未経験転職は何歳まで可能?

未経験転職は何歳まで可能?

基本的に、転職に年齢制限はありません。

労働施策総合推進法第9条でも、労働者の募集及び採用については、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならない旨の記載がされています。

そのため、転職活動者が企業へ応募すること自体は何歳でも問題なく、年齢は問われないというわけです。

とはいえ、無意識のうちに、「歳を重ねると転職へのハードルが高くなる」と感じている方もなかにはいるでしょう。

実際に、年齢が上がれば上がるほど転職難易度は高くなるのは確かではあるものの、転職へのハードルの高さから強く抵抗を感じている場合には、年齢以外に問題を抱えている可能性も考えられます。

今では、一つの会社で定年を迎えるのが当たり前とされていた時代はほぼ終わりを迎えています。

そのため、目指すキャリアや方向性を明確にして、活躍できる即戦力を身につければ、引け目を感じることなく何歳でも転職に挑戦できるのです。

引用:労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律 | e-Gov法令検索

未経験転職は何歳がベスト?結論:早ければ早いほうがいい

未経験転職は何歳がベスト?結論:早ければ早いほうがいい

未経験で転職をする際には、できるだけ早い方が理想的です。

なぜなら、年齢が若く早いうちに転職した方が、企業が人材に対して投資した分だけの貢献を長期的に見込めるからです。

そのため、企業側も、年齢が上がれば上がるほど未経験者の採用に消極的となっているのが現状です。

以下の表からもわかるように、就職氷河期世代である41〜50歳と、バブル期世代の51歳以上では「経験者採用は積極的だが、未経験者採用は消極的」と回答した会社がそれぞれ増加していることがわかります。

引用:中途採用状況調査2023年版(2022年実績) | マイナビキャリアリサーチLab

年齢が若いと、業務内容の吸収スピードや職場へ馴染むスピードが早いため、企業側としては人材にかけるコストが少なくて済むのです。

以上の理由から、興味のある分野でやりたい仕事があるのであれば、早めに行動するのがおすすめです。

【年代別】未経験転職で求められること

【年代別】未経験転職で求められること

転職をする際には、年齢によって求められるレベルや期待値が異なります。

ここでは、年代別に求められることの違いについて解説します。

【年代別】未経験転職で求められること
  • 20代の未経験転職で求められること
  • 30代の未経験転職で求められること
  • 40代以上の未経験転職で求められること

20代の未経験転職で求められること

20代での転職は、経験が浅いため、学ぶ姿勢やポテンシャルが重視される傾向があります。

「未経験」は、業界未経験と職種未経験の2種類に分けられます。

例えば、「化粧品業界の広報担当」から「不動産業界の広報担当」などのケースが業界未経験に該当します。

その場合には、仕事内容は大きく変わらないため、スキルを活かして即戦力となることが求められます。

職種未経験とは、「不動産業界の営業」から「不動産業界の事務」などのケースを指します。

職種未経験といえども、専門用語や業界についての知識があることから、業界のスタンダードな知識や教育は整っている状態です。

そのため、20代ではポテンシャルが重視されるものの、次の転職先で活かせる知識や経験、スキルなどがあれば、企業に採用されやすくなります。

30代の未経験転職で求められること

30代での未経験転職は、20代よりも経験やスキルが重視される傾向にあります。

ある程度の経験や管理能力が問われるため、現場を円滑にまとめられるコミュニケーションスキルやマネジメント経験があれば、企業にアピールできる材料となります。

業界未経験であれば、前職での経験を活かしながら積極的に業界について学び、他のメンバーへ還元できることも重要です。

職種未経験であれば、さらなる会社の成長のために、前職の会社で学んだ知識や経験を糧にして、新たな視点から取り組む姿勢が求められます。

40代以上の未経験転職で求められること

40代での未経験転職となると、高い専門性が求められるケースや、圧倒的なマネジメント力・指導力が求められます。

業界未経験であれば、職種への高い専門性知識を生かしながら、会社の業績への貢献度を上げることが求められます。

また、職種未経験であれば、熱意や行動力で業務推進のさらなる活性化が求められます。

いずれにしても、40代での転職は新しい職場では、先輩が年下であるケースも起こりうるため、謙虚な姿勢や、人間関係に柔軟に対応できる人間性を備えておくことが重要です。

未経験転職を早めに行う場合のメリット・デメリット

未経験転職を早めに行う場合のメリット・デメリット

未経験のうちの転職はできる限り早めに行動するのが理想的ですが、早ければ早いほど良いとも言い切れません。

そのため、未経験転職を早めに行う際のメリットやデメリットについて改めて解説していきます。

ここからの内容
  • 未経験転職を早めに行う場合のメリット
  • 未経験転職を早めに行う場合のデメリット

未経験転職を早めに行う場合のメリット

未経験転職を早めに行うと、以下のようなメリットがあります。

未経験転職を早めに行う場合のメリット
  • 成長の機会を早めに経験できる
  • 早めに希望の業界や職種で仕事ができる
  • 若いうちに新しいことに挑戦することでこの先の人生の糧になる

早めに未経験転職を経験することは、経験や知識が未熟な分、固定観念にとらわれない働きが可能であるため、あらゆることに挑戦しやすい身軽なマインド形成に役立ちます。

また、「長く在籍していて新しい環境に飛び込むのが億劫….」「慣れてきた仕事を手放すのが怖い….」などと考え、結果的に時間を無駄にしてしまう事態も避けられます。

未経験転職を早めに行う場合のデメリット

未経験転職を早めに行うと、以下のようなデメリットがあります。

未経験転職を早めに行う場合のデメリット
  • 早めに転職した分、年収が落ちる可能性がある
  • 焦って転職した際にミスマッチが発生する

経験や知識を補うために、改めて教育を受けたり、経験を積んだりする必要があるため、即戦力として活躍できずに、年収が下がる場合が考えられます。

また、「現職から早く離れたい」などという想いで焦って転職をすると、想像と違ったというミスマッチも発生しかねません。

そのため、転職活動を行う際には、自分の希望するキャリアや現状の環境について深く考えたうえで行動するようにしましょう。

未経験転職を成功させるためのポイント

未経験転職を成功させるためには、抑えておくべきポイントがあります。

未経験転職を成功させるためのポイント
  • なぜその業界・職種に転職したいかの目的を明確にする
  • 企業の文化や価値観を確認し、求められる人物像を把握する
  • あえて未経験でその業界・職種を選んだ理由を明確にし、採用担当者が納得する志望動機を作成する
  • 未経験だからこそ資格を取得するなどしてスキルや意欲をアピールする
  • 過去の経験やプロジェクトを振り返り、アピールできる要素をリストアップする
  • 志望する業界や企業の視野を広げ、転職の可能性を最大限に高める
  • 未経験転職をスムーズに進めるため、転職エージェントを活用する

以降で詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜその業界・職種に転職したいかの目的を明確にする

未経験業界・職種への転職は、慣れた環境や、興味があって飛び込んだ会社を退職してまで挑戦する目的を明確にしておきましょう。

また、飽き性だと疑われる可能性も否定できないため、3年先・10年先のキャリアビジョンを描いて、説明できるようにしておくと、より熱意が伝わって好印象を持たれるはずです。

あくまで、また同じように会社を辞めてしまうのではないかという採用担当者の不安を払拭できるように、しっかりと準備しておきましょう。

企業の文化や価値観を確認し、求められる人物像を把握する

企業は、共に会社を成長させていく仲間として、スキルや実績だけでなく、企業文化や価値観を共有できる人材であるかも重要視しています。

仮に、高い専門スキルやマネジメントスキルがあったとしても、企業の理念や風土にそぐわない人材であれば、周りからも不満が生まれます。その結果、会社の雰囲気を乱してしまう可能性があるのです。

企業が求めるスキルについては、求人サイトへも記載があるほか、ホームページや社内ブログ、口コミなどでも把握できるでしょう。

いかに、求められる人材と自身が合致しているかをアピールができるかが重要です。

あえて未経験でその業界・職種を選んだ理由を明確にし、採用担当者が納得する志望動機を作成する

未経験転職の際には、「なぜこの業界・職種を選んだのか」という部分を採用担当者が納得できるように説明する必要があります。

なぜなら、未経験者はスキルや実績がないため、志望動機以外に判断する材料がないためです。

そのため、前職で経験したスキルや経験で活かせることを伝えられるように準備したうえで、今後の展望について熱意を持って話せるようにするのが重要です。

欲をいうと、さらに「なぜその会社なのか」まで説明できるようになると説得力が増します。

未経験だからこそ資格を取得するなどしてスキルや意欲をアピールする

未経験であっても、転職が成功する可能性を高める方法があります。

その材料として有効なのが、資格取得や即戦力となるスキルを習得することです。

例えば、IT業界への転職ならプログラミングスクールに通って言語を習得する、金融業界への転職ならFP技能士の資格を取得する、などが考えられます。

経験や知識が不足する分、準備にかけられる期間や努力の内容で採用担当者にアピールすることは十分可能です。

何より、表面上の言葉だけでなく、実践的に証明できる資格やスキルがあると有利に働きやすくなるでしょう。

過去の経験やプロジェクトを振り返り、アピールできる要素をリストアップする

未経験とはいえ、過去の経験などからアピールできる要素を探して、相手が求める要件に合致させることが重要です。

業種や職種が異なると、表面的なスキルだけを見て、活かせる要素がないと判断してしまいがちです。

しかし、過去の経験を深掘りすれば、活かせるスキルは必ず見つかります。

例えば、前職で大きなプロジェクトの完遂経験はなくても、そのプロジェクトのプレゼン資料の作成やスケジュール調整の経験があれば、その部分をアピールすることもできるのです。

志望する業界や企業の視野を広げ、転職の可能性を最大限に高める

未経験転職する際には、志望先の業界や企業の幅を広げ、自身の可能性を高める意識で取り組むと成功しやすくなります。

転職活動を行う際に、「自分にはアピールできる部分がない」「活かせるスキルは身につけていない」などと自信を無くして視野を狭くしすぎては、せっかく可能性を狭めてしまうことになります。

そのため、せっかく転職しようと決断した想いを無駄にしないように、自身が転職する目的を見つめ直し、相性を検討しながら最適な選択肢を見つけるようにしましょう。

未経験転職をスムーズに進めるため、転職エージェントを活用する

志望先が固まっていない場合や、第三者からのアドバイスを参考に転職活動を進めたい場合には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントとは、スキルや希望に沿った求人の提案で、転職活動をサポートする専門家のことです。

主に、以下のようなサービスをサポートしてくれます。

転職エージェントのサポート内容
  • キャリアプランの相談
  • 書類作成・添削
  • 面接対策
  • 求人紹介
  • 志望先との日程調整
  • 業界・業種の情報提供
  • 選考後のフィードバック
  • 退職手続きのサポート

このようにあらゆる面でサポートしてくれるため、未経験転職の際には利用必須のサービスです。

未経験転職におすすめの転職エージェント

未経験転職の際には、信頼性や実績を確認しておくと、安心なエージェント選びが可能です。

未経験転職におすすめの転職エージェント
  • マイナビジョブ20’s【20代の未経験転職におすすめ】
  • doda 【全年代の未経験転職におすすめ】

以下で、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

マイナビジョブ20’s【20代の未経験転職におすすめ】

名前マイナビジョブ20’s
料金無料
求人数非公開
(2023年10月31日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代
対象エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界全業種
公式HPhttps://mynavi-job20s.jp/
詳細を見る
運営会社名株式会社マイナビワークス
拠点東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
マイナビジョブ20’sの特徴
  • 20代の転職を専門にサポート
  • 年間数千万人が受験する信頼性の高い適性診断で客観分析
  • 強みを引き出す面接対策

マイナビジョブ20’sは、マイナビグループ唯一の20代専門転職支援サービスで、第二新卒や未経験での転職を希望する方におすすめのサービスです。

マイナビジョブ20’sは、年間約92,000人の20代が登録しており、累計38万人の利用を突破しました。

若手の転職事情を熟知しているサービスだからこそ、企業側・転職者側両者の希望に沿った最適な紹介が可能です。

初めての転職で勝手がわからないという方や、自分に最適な会社を紹介してほしいという方であれば、安心して任せられるでしょう。

>>公式HPを見る

メリット
  • 面接対策・書類添削などで内定まで徹底フルサポート
  • 全ての求人が20代対象、未経験OK求人75%以上
  • 20代の転職市場を熟知しているプロが最適な求人を紹介
デメリット
  • 20代以外の求職者は使いにくい
  • 地方求人が少ない

▼マイナビジョブ20’sの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
20代で転職するなら、マイナビグループの転職エージェントがおすすめ。どちらも首都圏中心ではあるが、求人の中身は違う。マイナビジョブ20’sは「転職の軸が固まっていない」方にはおすすめ。デメリットとしては、求人数が大手より少ないこと。しかし、それとて補う手段はある。例えば、求人数が多い大手を併用すること。マイナビエージェントはグループの強みがあるので、登録必須。

引用:Twitter

Review Image
Mさん
とても親身に対応していただき、ご紹介いただけた企業様から自分に合うものを見つけられました。書類の作成や面接日時の調整など全てしていただき、面接時のアドバイスなどもいただけました。 転職へ1歩勇気を出してよかったと心から思っていますし、そう思わせてくれたことにとても感謝しております。

引用:Google

Review Image
Aさん
マイナビ20’sっていうところで探して決まりました。色んな相談とか面接の練習とか無料でやってくれるので非常に助かりました。落ち着いたらちょっと調べてみてください。

引用:Twitter

\第二新卒特化で最もおすすめ!/

doda 【全年代の未経験転職におすすめ】

doda
【公式】https://doda.jp/
名前doda
料金無料
求人数公開求人:218,888件
非公開求人:非公開
(2023年10月19日現在)
今の求人数:公式HP参照
対象年代20代~60代
対応エリア全国
オンライン面談
得意分野・業界全業界、全職種
公式HPhttps://doda.jp/
企業情報を見る
運営会社名パーソルキャリア株式会社
拠点東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
書類添削の有無あり
面接対策の有無あり
スカウト機能の有無あり
連絡手段メール、電話
オプション【ス・オ・面・年】
  • 求人数の多さ
    4
  • 取り扱い
    業種数
    4
  • 5
    利用者満足度
  • 5
    サポート
    対応
  • 利用実績
    5
dodaの特徴
  • 業界最大級の利用者数
  • 業界や職種ごとの専任担当で専門性を活かしたアドバイスが可能
  • 20〜34歳の若手・中堅層が登録者の中心であるため即戦力人材の採用も安心

人材紹介サービスにおいては、採用活動を支援するリクルーティングアドバイザーと、転職希望者をサポートするキャリアアドバイザーの専任体制を構築しているため、質の高いマッチングを実現しています。

そのため、1人の担当者が両者を理解しているため、転職後のミスマッチが互いに発生することなく安心して業務に取り組めます。

業界最大級の利用者を誇るため、転職者の動向を掴みながら安心して転職活動を行いたいという方におすすめのサービスです。

>>公式HPを見る

メリット
  • 求人数が豊富で希望条件に沿う求人が見つかりやすい
  • 専任担当制で質の高いマッチングを実現
  • 人材紹介と求人確認が1つのサイトで完結
デメリット
  • 定期的なスカウトメールの管理が大変
  • キャリアアドバイザーの対応にばらつきがある

▼dodaの口コミ

スクロールできます
Review Image
Cさん
とても満足でした。 報酬が高そうな営業職を紹介するわけでもなく、個人の意向をきちんと汲んだ上で紹介やアドバイスをしてくれました。

引用:Google

Review Image
Aさん
相性のいいアドバイザーに当たれば、受ける企業に特化したアドバイスを得て安心して自信を持って面接に臨むことができる点はお薦めポイント。

引用:Google

\業界トップクラスの求人数! /

未経験転職におすすめの職種

未経験転職におすすめの職種

未経験でも転職しやすい職種があるのをご存知ですか?

ここからは、未経験でも転職しやすい職種を紹介していくため、転職のハードルが低い職種をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

未経験転職におすすめの職種
  • 営業職
  • 接客・販売職
  • 介護職
  • ITエンジニア

営業職

営業職には、法人営業や代理店営業、メーカー営業などさまざまな種類があるため、求人数が豊富です。

そのため、未経験であっても採用される可能性が高いのです。

また、技術職のように特定のスキルを必要としないのも、参入障壁が低く転職しやすい職種であるといえます。

とはいえ、あらゆる業界で募集されている場合が多いため、希望する業界や働き方を整理して応募することが重要です。

接客・販売職

接客・販売職は、ほかの職種と比較しても経験が問われにくく、転職へのハードルが低い職種の一つです。

また、シフト制を採用している会社も多いため、融通を利かせられるという点でどの年代でも転職しやすい傾向にあります。

ただ、常にお客様と接する職種であるため、コミュニケーションスキルは必須です。

さらに、商品説明の際などに魅力を相手に伝えるスキルを備えていると未経験でも接客・販売職に転職できる可能性は十分にあるでしょう。

介護職

介護職は、少子高齢化の影響で常に人材不足の状態であるため、積極的に採用している会社が多く、採用に繋がりやすい職種です。

介護職には、介護士や介護福祉士、ケアマネージャーなどの職種があります。

また、実務経験を積んで資格を取得することで、転居したりライフスタイルが変化したりしても、安定して仕事があるというメリットもあります。

希望する場合には、事前に国家資格である「介護福祉士」などの資格を取得していると転職活動がスムーズに進むでしょう。

ITエンジニア

インターネットが急速に普及していく昨今、需要が急増しているのがITエンジニアです。

専門的な知識や実務経験を必要とするイメージが強い職種ですが、プログラマーやネットワークエンジニアであれば、未経験からでも転職が可能なケースも増えています。

未経験で、研修から教育してくれる会社もありますが、右も左もわからない状態で飛び込んでしまっては、ミスマッチを引き起こす可能性も十分に考えられます。

そのため、時間に余裕がある場合には、書籍やオンラインサービスを利用して事前に学習して自身の適性を確認しておくことがおすすめです。

未経験転職に関するよくある質問

未経験転職に関するよくある質問

未経験で転職する際には、さまざまな不安や疑問でいっぱいになります。

そこで、未経験転職に関する質問を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験転職に関するよくある質問
  • 企業が未経験者を募集する理由は?
  • 未経験で事務職に転職できるのは何歳まで?

企業が未経験者を募集する理由は?

企業が未経験者を募集するのには、以下のような理由があります。

未経験者を募集する理由
  • 応募数自体を増やしたい
  • 謙虚で意欲の高い人を採用したい
  • 斬新なアイデアを求めている

未経験者の採用も含めると、求人に対する応募者の増加が見込まれるため、自社にあった人材を採用しやすくなります。

また、実務経験がないため、固定観念がなく、これまでにない斬新なアイディアを取り入れられる場合があります。

未経験者はスキルこそないものの、熱意や意欲が高い方も多いため、会社の刺激となり会社自体が活気付くのも利点の一つです。

未経験で事務職に転職できるのは何歳まで?

事務職に転職するのに、年齢制限はありません。

未経験でも応募可能としている求人が多いため、挑戦しやすい職種ではありますが、年齢が上がれば上がるほど難易度は上がります。

事務職にもさまざまな種類がありますが、一般的には以下のようなスキルが必要とされます。

事務職に必要なスキル
  • PCスキル
  • コミュニケーションスキル
  • スケジュール管理能力
  • 情報収集力

上記のようなスキルと自身のスキルを照らし合わせて、アピールできるポイントを探していきましょう。

未経験転職をするなら転職エージェントを活用は必須

未経験での転職をする場合には、内定までのサポートを全面バックアップしてくれる転職エージェントの利用が必須です。

また、20代・第二新卒などの未経験転職の際にはマイナビジョブ20’sを利用して、若手の転職事情の動向を把握して、自己流で進めないよう注意しましょう。

ある程度の経験や知識がある場合の未経験転職の際には、業界や職種ごとに専任担当がいるdodaの利用がおすすめです。

いずれにしても、未経験転職の場合には判断する基準が持てない場合もあるため、第三者の意見を尊重しながら、慎重に進めていく必要があります。

転職のプロの意見を聞きながら、後悔のない転職活動をしたい方はぜひマイナビジョブ20’sやdodaに登録してみてください。

未経験転職におすすめの転職エージェント

【第二新卒や20代の未経験転職におすすめ】

→第二新卒で未経験転職を希望している人には、若手の転職事情について熟知しているサービスが安心です。

>>『マイナビジョブ20’s』に登録する

【社会人経験はあるが未経験転職が不安な方におすすめ】

→未経験での転職で、「本当に採用してくれる会社があるか」「未経験での転職は難しいのでは….」などと不安に感じている人には、業界最大級求人数を誇り、質の高いマッチングが魅力のサービスが最適です。

>>『doda』に登録する

編集者1

杉田 陸 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

ホテルのアメニティーメーカーに入社。新規開拓営業・SNSマーケティングなどを経験。その後、Webマーケティング企業へ転職。第二新卒で未経験分野の転職を成功させた経験を生かし、転職情報をお届けします。

MailHPX(Twitter)FacebookLinkedIn

編集者2
千田 究太郎 - キャリアクラス編集部

プロフィールを見る

新卒でマーケティング支援会社に入社。その後、Web広告を扱う企業を中心に二度転職を経験したのち、ウェブココル株式会社に入社。自身の転職成功経験を踏まえて、主に第二新卒〜若手の転職情報に精通。最新の転職情報をお届けします。

MailFacebook

ファクトチェック
大島 大地 - ウェブココル株式会社取締役

プロフィールを見る

新卒で東証プライム上場メーカーへ入社。その後上場企業傘下のWebメディア企業へ転職し、ウェブココル株式会社の取締役へ就任。採用の全責任者として、年間100名近くの採用選考を実施し、社員0名→25名へグロース。自社において幅広いなリクルーティングサービスを利用し、多くのサービスに精通。採用側の視点でサービスのファクトチェックや記事内容を精査しています。

MailHPFacebookX(Twitter)LinkedIn

キャリアクラスが信頼できる理由

キャリアクラス転職では、編集ポリシーに則って、厳正な管理のもとコンテンツを作成しております。この投稿には、広告パートナーの製品への参照が含まれている場合があります。詳細は、キャリアクラス転職が独自に定める広告掲載ポリシーをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

執筆者情報

福岡県在住、フリーランスのwebライターです。
大学卒業後、生命保険会社にて営業職を経験。
その後、ブライダル業界、IT業界とさまざまな業界へ転職。自身の複数回の転職経験を通して、異業種への転職方法や難易度についても実体験ベースでわかりやすくお伝えしていきます。プライベートでは、現在一児のママ業に奮闘中。

コメント

コメントする

気になる見出しをタップ